読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知らざぁいって聞かせやしょう

毎日悶々としてるんだよね

キラキラ女子はゲスを極めた乙女。

出版社勤務、ファッション大好き、独特の感性を持っていて、絵が上手、顔可愛い、文章上手い、ただただ中身がゲスの極み乙女。な[Mちゃん]

その子のブログがほんとにすごい。

彼氏のアンダーヘアを処理した話とかguは目玉商品以外はクソ以下とかなかなかきわどいところをついてくる。いまどきのキラキラ女子を気取っている女どもは読んだら自尊心が傷つくこと間違いない。隅から隅まで読むことをおすすめする。(URLはいつか載せるね)


そんな彼女と歌舞伎を観に行った。体調を崩した母の代わりに同行者を探したら彼女が手をあげてくれた。
会うのは1年以上振りだったかな…。

相変わらずだった。歯に衣着せぬ物言い。なおかつ言葉のチョイスが絶妙。
冒頭にも書いたがマジで顔面偏差値高いし、ファッションセンスもかなりいいんだよ。

話す内容はファッションのこと、お互いの近況、センテンススプリングに載ってそうなゲスな話…。歌舞伎座横の文明堂カフェで高貴なおばさまに囲まれながらそこに似つかわしくないお下劣な会話で盛り上がったのち、歌舞伎座へ。

歌舞伎は初めて観たらしいんだけど、私は[Mちゃん]にまったく気を使わなかった。

だいたい「初めて観劇する~!楽しみ~、キャピ☆」みたいな子に対してはこっちが気を遣ってしまうのがとてつもなく面倒で私自身が舞台を楽しめないからあまり行かない。観劇慣れしてない友人を連れて行くのは想像以上にこちら側に労力が必要なのだ。(よく軽い気持ちで「え、連れてってよ~♡」と人の趣味に土足で踏み込んでくるヤツらへ。チケット手配やら気遣いやら連れて行く方は色々大変なのです。肝に銘じておきやがれ)

彼女なりに楽しんでいたようだ。[Mちゃん]は人のことを気遣いながらも相手と心地よい距離感を保つことができる。私は正直特別目当ての役者もおらず、幕間に入るたびにアルコール臭がきつくなる隣のじじいが気になったりして、見入るというよりはラフに観劇していた。そんな私の隣で彼女はなにやら真剣そう。観劇後には「吉田屋*1(上演された演目のひとつ)が楽しかった~」やインスタグラムで「癒された~」などと淡々と感想を話してくれた。招待券を私が貰っただけだというのにお礼にお洒落な資生堂パーラーのお菓子までくれた。

私は人生かくかくしかじかあったもんで、転職活動中いわゆるフリーターだ。転職理由は社畜ゆえに心を病んだから。人間いろんな人がいるもんで大して仲良くない人ほど心配を装って私の怒りスイッチを押してくるような言葉を浴びせてくる。殺意が芽生える。辛かったことから逃げてきたのに蒸し返さないでくれよ。

彼女はハレモノを扱うように接してくるわけでもなく、普通のテンションで私と対話してくる。なんでもかんでもなんか素直に彼女の前だと話せちゃう。無理をせず、繕わず、でも本音で話せちゃう。

私は[Mちゃん]みたいになりたいっ☆可愛くてなんでも素直に話すことができちゃう彼女が大好きっ♡

うさんくさい文章だけど私の思いはホンモノだ。私には彼女が宝塚のミラーボールより光って見えるよ。

キラキラ女子め、こういう女になってみろ。思ったことを嫌味なく素直に吐き出せる、そして相手にもそうさせるような女になってみろ。スイーツ作ってインスタにあげて、可愛くもないのに決め顔して大して効果のない美顔アプリで加工したってむなしいだけなんだから。


そうは思いながらも今日も素敵な光景を写メして、一生懸命加工したのちインスタにアップする口だけ番長の私。

*1:紙の着物を着ているくらい貧乏になっちゃった主人公が惚れた女に会いに行って、ラストにはいいタイミングで勘当されてた親から身請け金が届いちゃう大変ハッピーな話。超ハッピーって喜んでた